Social welfare Corporation
MIYOSHIKAI
美芳会について
  • 法人概要
  • 名称
    社会福祉法人 美芳会(みよしかい)
    本部所在地
    〒417-0815 静岡県富士市増川510番地の1
    事業概要

    • 特別養護老人ホーム
    • 養護老人ホーム
    • ショートステイ
    • デイサービス
    • 居宅介護支援事業所
    • 地域包括支援センター
    • 総合支援事業
    • 配食サービス
    • 障害福祉サービス
    • 初任者研修
    • 法人後見
    役員平成29年10月現在

    理事長 大塚芳正
    理事 大塚芳子 奥津匡俊 鈴木克代 秋山實 明石友子
    監事 中西隆一 荒川紘
    評議員 渡邊高秀 川窪吉男 青野貴芳 鈴木茂
    荻野幸太郎 島道守 松本玲子
  • 沿革
  • 平成8年1月22日 法人認可申請
    平成8年2月1日 法人認可
    平成8年2月8日 法人登記
    平成8年4月1日 特別養護老人ホームすどの杜 事業開始
    すどデイサービスセンター 事業開始
    すど在宅介護支援センター 事業開始
    平成8年5月1日 すどの杜ショートステイ事業 事業開始
    平成8年8月1日 すどの杜ホームヘルプサービス事業 事業開始
    平成11年4月1日 元吉原デイサービスセンターはまかぜ 事業開始
    元吉原在宅介護支援センターはまかぜ 事業開始
    平成14年4月1日 いきがいデイサービスみちくさくらぶ 事業開始
    平成17年6月1日 身体障害者居宅介護 事業開始
    知的障害者居宅介護 事業開始
    平成18年4月1日 すどの杜食の自立支援 事業開始
    はまかぜ食の自立支援 事業開始
    平成19年4月1日 富士市東部地域包括支援センター 事業開始
    平成21年10月6日 成年後見人等受任事業 事業開始
    平成26年10月1日 特別養護老人ホーム風の杜 事業開始
    平成26年12月1日 すどの杜 ふじのくに型福祉サービス 事業開始
    平成27年2月1日 風の杜ショートステイ事業所 事業開始
    平成28年8月1日 デイサービスセンター風の杜 事業開始
    平成28年3月1日 すど在宅介護支援センター 元吉原介護支援センターを統合
    美芳会支援センターに名称変更
    平成28年3月28日 養護老人ホームするが荘 事業開始
    平成28年7月1日 はまかぜ ふじのくに型福祉サービス 事業開始
  • 法人理念
  • 法人理念

    • 地域でのこころ豊かな生活のために
    • 想いに副う
    行動規範

    自立支援

    法人として利用者の自立に向けた生活支援サービスを提供します。
    利用者は自分自身の生活について自分で実施可能なことは、意思決定も含めて自分自身で行う
    必要があります。このようなときに、私たちは必要な部分を支援します。

    自己決定の尊重と情報提供

    利用者の自己決定を尊重します。
    このとき、利用者が自己決定できるように、
    よりよい生活に必要だと考えられるできる限りの情報を、
    利用者の状態に応じて利用者自身にお伝えします。

    利用者の生活能力への対応

    利用者の生活する力が不足しているとき、
    できる限り利用者自身で問題に対応できるように支援を行ないます。

    利用者の意思代弁

    利用者は自分の言いたいことをきちんと言うように努力をすべきです。
    しかしどうしても人に伝えられないとき、代わりにそれを伝えるよう私たちは努めます。

    コミュニケーションと心づかい

    利用者と感情交流ができるようなコミュニケーションを大切にします。
    また、利用者の心情と状況に気を配るよう努めます。

    人格とプライバシーの尊重

    利用者の人格とプライバシーを尊重します。

    秘密保持

    利用者や関係者から業務に必要な情報を得た場合、その情報の秘密を保持します。
    その情報を他に使用する必要があるときには本人の同意を得ることとします。
    秘密保持は、業務を退いた後も同様とします。

    地域の重要な一員

    施設は地域の一資源として地域の活性化に寄与します。

    情報発信

    法人・施設の情報をできる限り地域に発信します。

    誠実

    誠実に仕事をします。

    厳しさ

    よりよい支援活動を実施するため、必要な場合には適切かつ妥当な方法及び手段により
    職員相互に批判し、改善に向けて努力します。

    専門的力量

    我々は生活支援サービス提供の専門家であることを自覚・認識し、
    よりよい支援業務が行われるように自主研鑽いたします。

  • 定款
  • 規程
  • 現況報告
  • 計算書類等
  • 事業報告
  • 行動計画
  • 外部評価
  • 事故・苦情報告